Article

アダム・マジーナ

Adam Masina アダム・マジーナの代理人語る

近頃メキメキ実力を付けてきているAdam Masina アダム・マジーナ。

ボローニャの下部組織からトップ昇格したのは2014-2015シーズンのこと。
前のシーズンでクラブがセリエB に降格したことは、彼にとって大きな好機でした。

セリエA よりも若手にチャンスが与えられる環境の中、彼は左サイドバックのレギュラーポジションを掴みます。
それから3年。
23歳となったモロッコ生まれの若武者は、190cmを超える堂々たる体格と左脚から繰り出される長短の正確なクロスを武器に、メルカートでも多くのクラブから注目を集める存在にまで成長しました。

そんなマジーナについて、代理人のマルコ・デ・マルキ氏がラジオのインタビューに応えています。

「アダムはボローニャでのカンピオナートに集中している。彼は素晴らしいポテンシャルを持っているが、メルカートについて話すことが適当だとは思わないね。言葉にはいつも重みを持っていなければならない。なぜなら事実を歪めることは簡単だからね。」
— 今季開幕前のオフにはセビージャ移籍が秒読みとまで言われていたが?
「彼らはその役割をブラジル人に与えたから。アダムは自分の路を切り拓けるし、それを信頼できる。素晴らしいテクニックも人間性も持っているからね。彼の未来はとてもクリアーだよ」

一寸先は何が起こるか分からない移籍市場だけに、こんなインタビューも何の意味もないかもしれませんが、彼の未来が開けていることは誰の目にも明らかなようです。



最近の更新記事