Article

メルカートを振り返り、コルヴィーノが会見を開く © Bologna FC

メルカートを振り返り、コルヴィーノが会見を開く

現地9月1日、今夏のメルカートを振り返ってスポーツダイレクターのPantaleo Corvino パンタレオ・コルヴィーノが会見を開きました。

「今回のメルカートはクラブの考えに基づくもの。ボローニャの未来の為に、今土台を築くことが大事だった。多くの取り引きは完了している。平均しておよそこの3ヶ月で、1,2日毎に多くのフロントと契約をしてきた。未来の為に礎になってくれること、このカテゴリーを維持できること、そして偉大なクラブになってくれることを心から願っている。この仕事を与えてくれたジョーイ・サプート オーナーに、そして移籍先を受け入れてくれた19人の選手たちにも感謝を言いたい。我々はこのクラブの現在と未来を考えて仕事をしてきた。ピッチ上だけが、我々の努力のジャッジとなる。サラリーの上昇を一定に収められたことは満足できたこと。またとても大きなプロフィールを持った選手たちにボローニャが近づく、または獲得したことを誰かが驚いていたが、これは良い兆候で、正しい仕事ができていると私を確信させている。トップチームとユースのために、我々はエリア・スカウティングと、各スカウトとのネットワークを構築したのだ」

コルヴィーノの会見にもあったように、今季のボローニャは未来を見据え、若い選手を多く獲得しました。
新しく加わったプレイヤーたちのプロフィール、ハイライト映像によるトップフォーム時の才能は確かに素晴らしいもので、将来への期待は高まります。

一方で懸念材料も。
一昨シーズン、昨シーズンと苦しんだ原因に精神的な脆さがありました。
この若い集団が困難に直面した時に、果たしてどんなリアクションを取れるのか。

本当に価値があるのは、苦しい時に頼れる選手、力を発揮できる選手。

コルヴィーノによって選ばれてきた彼らが、そういったプレイヤーに成長してくれることを願うばかりです。



最近の更新記事