Top page


ラドヴァノヴィッチ Radovanovic がセルビア代表に選出

ラドヴァノヴィッチ Radovanovic がセルビア代表に選出

11月17日にブルガリアの首都ソフィア で行われるフレンドリーマッチ、対ブルガリア戦に向けたセルビア代表の招集メンバーが発表になり、ボローニャに所属するラドヴァノヴィッチが、はじめてA 代表に選出されました。 ラドヴァノヴィッチはクラブの公式サイトで「ありがとーボローニャ!!」と喜びを露わに。これを機にどっかへ行っちゃうような叫びにも聞こえますが、そんなことはおぢさんが許しません。 [ca……

ボローニャ、ジェノアに敗れる

ボローニャ、ジェノアに敗れる

日本時間今日の早朝に行われたジェノア対ボローニャの一戦は、81分、ジェノアのミラネットに先制ゴールを許したボローニャが、そのまま0-1 のスコアで敗れています。 ヴィヴィアーノを中心とするディフェンス陣が再三のピンチを耐え抜いていましたが、雨あられと浴びせられるジェノアのシュートに最後まで守りきることができずに失点。 ボローニャも試合終了間際にディヴァイオがチャンスを迎えますが、右足アウトにか……

ボローニャ対ジェノア、対戦成績

ボローニャ対ジェノア、対戦成績

ボローニャはこれまでにジェノアとアウェイで50回戦い、ボローニャの16勝、ジェノアの21勝、引き分けが13回となっています。 アウェイでの初めての対戦は1921年の4月17日。 カップ戦のセミファイナルでジェノアを2-1でやぶり、北イタリアではじめてのファイナリストとなりました(決勝はブラックバーンに敗れましたが……)。 昨年のアウェイ戦は激しい点の取り合いの末に、アダイウトンがトリプレッタ……

デッラロッカ Della Rocca がジェノア戦を欠場へ

デッラロッカ Della Rocca がジェノア戦を欠場へ

レッチェ戦で高パフォーマスを見せてくれたデッラロッカが、ジェノアへの遠征メンバーから外れました。 前日練習前に右膝に軽い炎症が見られたとのこと。 なお前日練習にはポルタノーヴァとエスポジート、ラドヴァノビッチが復帰、ポルタノーヴァとラドヴァノビッチはジェノア戦の招集メンバーにも選ばれています。

ジェノア戦の招集メンバー発表

ジェノア戦の招集メンバー発表

マレザーニおぢさんが、ジェノアへの遠征メンバーを発表しました。 Portieri: Lombardi, Lupatelli, Viviano. Difensori: Britos, Cherubin, Garics, Moras, Portanova, Rubin. Centrocampisti: Busch, Casarini, Ekdal, Mudingayi, Perez, Rad……

プリマヴェーラ所属のVeratti Luca がU-18に招集

プリマヴェーラ所属のVeratti Luca がU-18に招集

ボローニャのプリマヴェーラに所属しているVeratti Luca が、11月14日から17日にローマで行われるU-18 代表合宿に招集されました。 Veratti Luca はプリマヴェーラで5点を挙げている1993年生まれのストライカー。 ユースチームの指揮官Massimo Tarantino も「彼はハードワークを惜しまないし、選出されて本当に嬉しいよ」とコメントしています。 [ca……

エクダルとムディンガイが全体練習に復帰

エクダルとムディンガイが全体練習に復帰

怪我のため別メニュー調整が続いていたムディンガイと、インフルエンザで戦線を離脱していたエクダルが、8日の午前練習からチームに合流。 またこの日の練習では、先日のレッチェ戦で鼻骨を骨折したポルタノーヴァがフェイスガードのテストを行いました。 問題がなければ、ミッドウィークのジェノア戦にも出場しそうです。 [caption id="attachment_225" align="alignno……

故障者続出でプリマヴェーラから選手を招集か?

故障者続出でプリマヴェーラから選手を招集か?

先日のレッチェ戦でラドヴァノビッチとポルタノーヴァが負傷。 前々節ではムディンガイを失い、台所事情が厳しくなってきたマレザーニおぢさんは、ミッドウィークのジェノア戦へ向けてプリマヴェーラに所属しているディフェンダーのJuan Cruz ALVARO ARMADA と、トップでいまだに出場機会のないアタッカーのManuel Gavilan 、二人のスペイン人を招集するかもしれません。 どちらも明……

ジェノアがガスペリーニ監督を解任

ジェノアがガスペリーニ監督を解任

今週のミッドウィークで、ボローニャと対戦する予定のジェノアを率いるガスペリーニ監督が、解任されました。 今季のジェノアは積極的な補強も、成績は思ったほどに伸びず、これまでボローニャと並ぶ勝ち点11しか挙げられていませんでした。 後任にはバッラルディーニ氏の就任が濃厚とのこと。 カンフル剤の効果は、次節ではなくその次からで。

ポルタノーヴァとラドヴァノビッチがレッチェ戦で負傷退場

ポルタノーヴァとラドヴァノビッチがレッチェ戦で負傷退場

レッチェ戦の試合終了間際に、相手のひじ打ちを喰らい負傷退場したポルタノーヴァは、顔の打撲で、数日中に全治が分かる見込み。 また同じくレッチェ戦で相手選手と接触し負傷したラドヴァノビッチは、右足くるぶしの歪み(捻挫??)のようですが、こちらも数字中に詳しい検査結果が出る模様です。


ページネイション