mercato

mercato 2015

Saphir Taider サフィル・タイデルのボローニャただいま会見が開かれる

Saphir Taider サフィル・タイデルのボローニャただいま会見が開かれる © Bologna FC

現地9月9日、2シーズンぶりにボローニャへと戻ってきたSaphir Taider サフィル・タイデルの会見が開かれました。

「最初にここへ来た時、僕はまだ少年でした。2年間良いシーズンを過ごさせてもらい、そしてインテルへ移り、ワールドカップ、アフリカ・ネーションズカップでもプレー出来ました。環境やクラブが良いことはよく知っていますし、とても沢山の経験を持って戻ってきたことは、僕にとってすごく満足していることなんです。僕個人的な意見としては、もっとシンプルにプレーしないとと思っています。この決断は確信を持ってできましたよ。ここではいつもエンジョイできましたし、欠けるものなんてない。だからモチベーションにも繋がりましたしね。この決断をできてハッピーでしたよ。背番号8を選んだのは、ランダムではありません。僕はアルジェリアで過ごしていましたが、その番号がここボローニャでどんな価値を持っているかは知っています。ジャコモ・ブルガレッリの番号、そのことは決して小さなことではありません。このシャツがびしょぬれになるまで、いつも頑張ることを断言します。また僕は若い選手たちへの責任も多く担っていると感じています。僕がボローニャに来たときのこと、まだ少年だった頃、ディ・ヴァイオやペレスがしてくれたみたいに、僕も若い選手たちに伝えていきたいと思っています。僕は立派にやってみせますよ。自分の可能性を分かっていますし、楽しみにしているんです。まだ100% ではありませんが、フィジカル的には良いです。インテルでチャイナツアーなどにも同行してましたし、日曜日には国際親善試合をやっていますから」

[2015/09/10]
Category: メルカート


本屋はじめました。世界中の素敵な本を探しています。

Recent articles

Go to the page top