Comune di Bologna

ボローニャの街

ボローニャの街並み

ボローニャは、イタリア・エミリア・ロマーニャ州の州都。
欧州でもっとも古い大学がある学芸都市である一方で、美食の街とも知られ、また中世の面影が色濃く残る街並みは美しく、イタリアでも人気のある都市の一つです。

街の名物は全長45キロにも及ぶポルティコ(屋根付き柱廊、すなわちアーケードのこと)と、市内中心地にニョキッと建つ二つの塔「アシネッリの塔」と「ガリセンダの塔」。
二つの塔のうち高い方の塔、アシネッリの塔には登ることができ、頂上からはボローニャの街が一望できます。
塔の中は大変狭く、薄暗い中を木製の階段で延々と登っていくために、それなりの覚悟が必要ですが、登りついた先には絶景が待っています。
中世時代に軍事目的と貴族の権力の証として建てられた塔は、12世紀ごろには約100もの数があったそうですが、今は20だけ残っているとのこと。

ボローニャの街 ボローニャの街

アシネッリの塔から眺めるボローニャの街は、レンガ様式の建物だらけで赤に染まっています。
そんな街の様と、第二次世界大戦後から続く共産主義の色と重なり、街のニックネームは、La rossa 赤い街。

共産主義が強いといっても自由が束縛されているようなことはなく、過去には悲しい事件もありましたが、現在のボローニャは平和で学生が多く住む明るい街です。

街の守護神はサン・ペトロニオ。 毎年10月4日はサン・ペトロニオ守護神の日として、街は祝日となり様々な催し物が開かれています。

ボローニャへのアクセス

ミラノからボローニャ中央駅へはユーロスターで1時間ほど。
ローマからも3時間かからずに行け、また本数も大変多く出ているので、イタリア国内からは電車の旅が便利です。

飛行機を使ってのボローニャ入りは、イタリア国内およびヨーロッパの各都市からグリェルモ・マルコーニ(Guglielmo Marconi)国際空港行きの便を利用します。
日本からドイツやオランダへ飛び、そこからLCC などを使えば、列車よりも安く、早くボローニャへ行くことができるかもしれません。
空港からはボローニャ中央駅行きのバスに乗って市内まで20分です。

詳しくは イタリア政府観光局 にお問い合わせください。とても丁寧な案内をしてくれます。
また英語が少しでも使える方、旅慣れている方は、Bologna Welcome – Official tourism website の利用も便利です。
語学に自信がない!! という方は、ボローニャと日本の架け橋として活動しているNihon-Bo にコンタクトを取ってみてください。日本語での対応も可能ですし、様々なプランの提案をしてくれますよ。

美食の都ボローニャ

イタリアでもっとも優れた美食の街と称されているボローニャ。
日本のミートソースとは違い、トマトを使わず赤ワインと牛肉を煮込んだラグーソースのボロネーゼをはじめ、野菜や肉などを詰め込んだ詰めたトルテッローニ、ボローニャ伝統のハムであるモルタデッラ、内地でありながら魚介系ももちろん、チーズもワインもドルチェも、とにかくなんでも美味しいのがボローニャです。

そんなボローニャが、2012年に1冊の料理本を発行しました。

ボローニャ料理レシピ本

ボローニャの誇る美しい料理レシピの数々を紹介しているのは、なんとボローニャに所属している選手たち。
美しい写真と素晴らしい紙質の上で、普段とは違うユーモアあふれる選手たちの姿を、見ることができます。
Cara Bologna はこの本を日本独占で販売しております。
ご購入、商品の詳細は、こちらのページよりお願いいたします。

ボローニャと食とは切っても切れない文化以上の絆で結ばれています。
ボローニャへ旅する際には、ぜひとも胃腸の状態を完璧に。
色鮮やかな食材たちが、香り豊かに、あなたの到着をお待ちしています。

本屋はじめました。世界中の素敵な本を探しています。
Go to the page top